旅行・地域

富士宮への駆け足旅

先日、妻の実家のある埼玉へ行ってきました。

ただ、台風が接近していたので、1泊2日のかなり駆け足での日程でした。

2日目の昼過ぎには台風対策をするために愛知に戻ってきたかったので、ホテルを朝の4時にチェックアウトし、帰路へ。

でも、ただ帰るのではつまらないので、いつもは新東名を使いますが、今回は中央道経由で富士宮によって帰ってきました。

中央道に久しぶりに乗りましたが、高低差やカーブが多く、新東名の快適さがよくわかりました。

ただ、窓から見る景色は綺麗なので、時間に余裕があるなら中央道もいいかな。

早朝のため、店舗や施設はやっていないので、自然や史跡などを見てきました。

 

Img202308130608053

朝霧高原からの富士山です。この近くに母校、東京農業大学の富士農場があります。懐かしい!

この辺りは源頼朝が富士の巻狩りを行った地です。これもここに来た理由の一つです。

 

P1080935 P10809922P10900133

『陣馬の滝』です。頼朝が巻狩りの時に近くに陣を張ったことから、こう呼ばれているそうです。

小さな滝ですが、水量もそこそこあって良かったです。滝の近くまで行けるのも良いですね。水は驚くほど冷たかったです。

写真スポットなのか、撮影に来ている方もいましたよ。

 

P10900223P10900653P1090078

『白糸の滝』と『音止の滝』です。

『白糸の滝』は観光名所なので、早朝にもかかわらず、多くの観光客の方が見に来ていました。

大きな滝なので少し離れたところでも、滝の飛沫で空気が冷たくて気持ち良かったです。これも勉強になりました。

『音止の滝』は近くに寄れませんが、かなりの水量と落差でした。

曽我兄弟が工藤祐経を討つ密談の際に、一瞬音が止まったという伝説からこの名前になっているそうです。

 

P1090083P10900872

『曽我の隠れ岩』

ここで曽我兄弟が工藤祐経の討ち入りの密議を行ったそうです。

 

P1090091_20230815074801

『工藤祐経の墓』

少し寂しい感じですがお供え物が供えてあったので、大河ドラマが終わった後でもお参りに来ている方がいて良かったです。

 

P1090097

『曽我八幡宮』

曽我兄弟の霊をなぐさめるために源頼朝の命によって建てられたそうです。

朝早かったですが、掃き清められていて厳かな気持ちになりました。

わざわざ社務所を開けてくださって、御朱印をいただくことができました。

ありがとうございました。

曽我兄弟の話は『鎌倉殿の13人』の23話を見てください (笑)

 

P10901002

『富士山本宮浅間大社』

最後は浅間大社にお参りに行きました。残念ながら富士山は雲に隠れていましたが、旅のお礼と帰路の安全をお願いしました。

 

高速道路の渋滞はなくて、予定通り昼には愛知に帰ることができました。

『鎌倉殿の13人』の旅っぽくなりましたが、自然や史跡を見るのは心が癒されます。

| | コメント (0)

信州旅行 その弐

信州は歴史好きにも見所は多いですね。

 

上田駅から上田城へ。

上田駅は六文銭がモチーフにされています。

前に上田城に行ったときは、『真田丸』の大河ドラマ館があった時なので結構前ですね。

Simg20220815074958

Simg20220815081913 Simg_20220815_074041 Simg20220815104116

 

次は『川中島古戦場』と『松本城』

どちらもテンションあがるスポットでした。

松本城はかなり混雑していたので、天守に入るのは諦めました。

松本城のフォルムはいつ見ても美しい!

Sp1080388_20220922212201 Simg20220815154415

 

最後は上高地へ。

今年の上高地は晴天の日が少なかったらしくて、この日も曇りでした。

雨が降らなかっただけよかったかな。

きれいな景色を眺めながらのトレッキングは楽しいですが、さすがにかなりの距離を歩いたのでクタクタでした。

S20220816_053444

Sp1080397 Sp1080424 Sp1080431 Sp1080492 Sp1080442 Img20220816072234 Img20220816072635

| | コメント (0)

信州旅行 その壱

お盆休みに家族旅行で長野県へ行ってきました。

長野は自然豊かで歴史的な見所も多くて、何度行っても楽しいですね。

まずは乗鞍岳へ。

昼から天気が悪い予報だったので、朝一のバスに乗りましたが、なかなかの混雑で驚きました。

バスでガンガン登ったので、畳平に着いたころには森林限界で、大きな木はない世界でした。

運動不足な一家なので楽なコースを選択して、魔王岳と大黒岳を登りました。標高は2700mくらいです。

普段、山道を登っていないので、これでも中々くたびれましたが、登頂して見た景色は疲れを忘れさせてくれました。

ただ、この後ガスが途切れなく発生してきて、ほぼ真っ白の世界になってしまったので、バスで下山しました。

Simg20220814073644 Sp1080311 Sp1080309 Sp1080312  S20220814_073409 S20220814_072136 S20220814_075210

 

次は標高1500mくらいの乗鞍高原一の瀬園地へ。

ここは標高がそこまで高くないので、木々が生えています。

S20220814_115509Sp1080343 Sp1080363 

Sp1080348_20220826211101 Sp1080336_20220826211101

標高が高くて見晴らしの良い景色、木々と渓流の雰囲気、どちらも良さがあって大好きです。

| | コメント (0)

東北自然研修の旅

もう少しでお盆休みです。

コロナ第7派が猛威を振るう前、東北に研修の旅に行っていました。

梅雨時期なので雨や曇りの予報が多かったですが、行ってみると奇跡的に天気に恵まれて、半日工程を変更しただけでした。

東北の自然に囲まれて、癒されながら勉強になりました。

 

奥入瀬渓流は交通の便が良いので、休日なら観光客が多かったと思いますが、平日だったので、ほとんど人にすれ違わないでトレッキングができました。渓流の音を聞きながら歩くのは最高でした!

P1080159 P1080009 P1070833

 

翌日は登山をする予定でしたが、天候不良のため、十二湖に。

時間が早かったので、歩いている人は少なかったです。(鳥の写真を撮っている人は多かったです。)

偶然にも地元岡崎の人と出会えてビックリでした。

Img20220713083055

 

途中で見た「北金ヶ沢の大イチョウ」。日本一の大イチョウだそうです。

近くで見ると幹の太さに圧倒されました。

巨木を見て元気をもらいました!

 

Img20220713061011

Img20220713061152

 

別の場所のシナノキの巨木と、森に出来たギャップで、一部だけスポットライトが当たったみたいに明るくなったところ。

Img20220713115536 Img20220713124720

 

最後は秋田駒ケ岳。

前半は快適で最高の景色でしたが、後半はガスまみれ。。。

ままならないのも自然の良さですね。

P1080255 P1080262Img20220714090705 Img20220714083408Img20220714111657Img20220714114200

コロナが落ち着いたら、ゆっくり旅に出たいと思います。

| | コメント (0)

高遠城址公園に行ってきました。

  この前でお花見は終わりと思っていましたが、急遽高遠城址公園に行ってきました。

日本三大桜の名所の一つです。

朝3時出発で6時前には到着しましたが、すでに結構な人が来ていましたよ。

朝方は肌寒かったですが、日中は暑いぐらいの陽気になったお蔭で、ほぼ満開のタカトオコヒガンザクラを見る事が出来ました。

妻が花付きが良い見事な木を見て、「ここのサクラは花がモコモコしている。」と言っていましたが、本当にその通りだと思いました。

これだけ見事な花を咲かせたのは、一年の管理の結果が出ているのだと思います。良い景色を見させて頂いて、ありがとうございます。

 

コロナ禍で、シートを敷いた宴会っぽいお花見は禁止になっていて、純粋に花を愛でる感じになりました。

それぞれお花見の楽しみ方はあると思いますが、私としては今のお花見スタイルの方が好きです。

また来年見に行けたらと思います。

 

P1070532 P1070529 P1070462

本当にモコモコしています。モコモコ桜。

 

P1070544

高遠城址で私が一番好きな場所です。

 

Kimg0286

写真を撮るのが上手い人の真似をして撮りました。

水面に映ったサクラが綺麗です。

 

P1070509_20220411164001

ちょっと山を登った白山観音から見た高遠城址の様子。

別の世界みたいです。

| | コメント (0)