« ポカポカ | トップページ | 冬支度 »

樹幹注入

 だんだん冬っぽくなってきました。昨日から阿久比のお客様の所に手入れに伺っていました。お隣に空き家になったお宅があるのですが、そこのマツがマツ材線虫病っぽい枯れ方をしていました。すぐ近くにカミキリの発生源があるため、なんらかの対策をしないといけないので樹幹注入を行いました。樹幹注入は木に穴をあけるのでリスクがある方法です。穴をあけることによってどんな事が起こりうるかを知らない場合は行うべきではありません。私も色々な勉強会や事例を見て、樹幹注入って怖いものだと思っています。ただ、消毒を散布したくても、費用や環境などによってできない場合には致し方ないと思っています。もちろん施工には細心の注意を払う必要があります。

 木のためを考えるのはもちろん大切ですが、人間の都合も考えなければいけません。そのバランスが難しいですね。なかなか答えは出そうにありません。

|

« ポカポカ | トップページ | 冬支度 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹幹注入:

« ポカポカ | トップページ | 冬支度 »