« 雪再び | トップページ | またもや雪 »

石道具再生

 今日は午前に時間ができたので、石道具達を砥ぎにだすため岡崎の石道具屋さんまで持って行きました。

Nec_0493

 多くの道具がこの仕事についた年に買ったものなので、10年以上のお付き合いになり、かなりの愛着があります。勤めたところが「道具は自分の物を使え」と言う方針だったので、当時なけなしのお金で買い集めました。今にして思えば当たり前のことで、道具を自分の手の一部の様に使うのに、人の道具を借りて出来るわけがないですよね。人の石頭(ハンマー)を借りると、手を叩きそうで気になって仕方有りません。

 買った当時、既製品の柄では格好が悪いと形から入り、カマツカの木の枝を慣れない手つきで付けていたのを思い出します。最初は柄の入れ方が下手で、使っている最中にスッポ抜けてしまうのです。そうすると先輩に「柄を満足に入れられないやつが仕事するな!」と怒られていました。当時集めたカマツカの柄も折れたりして、今あるだけしか無くなってしまいました。

 そんな石道具達もだいぶ使い込んできたので、石道具屋さんに持っていったわけです。道具を置いて帰るつもりでしたが、忙しい中その場で研いでくださいました。工場の中はまさに職人の世界。砥ぎ具合などは、全て経験と手の感触が頼りです。私の道具達も職人さんの慣れた手つきで再び輝いて戻ってきました。

 この道具達は私にとっては、「お金にかえられないもの」なのです。

Nec_0494

|

« 雪再び | トップページ | またもや雪 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石道具再生:

« 雪再び | トップページ | またもや雪 »