« 電車通勤再び | トップページ | 行福寺のシダレザクラ »

おみよし松

 仕事のお手伝いで弥富市まで行ってきました。現場の近くに老木があると言うことで、お昼休みに勉強のために行ってきました。

P1030009_2  名前は『おみよし松』と呼ばれています。場所は弥富中学の跡地にあって、樹齢は約350年だそうです。弥富市の指定文化財になっています。『おみよし松』の名の由来は、筏川の川岸に津島神社の天王祭の御葦舟(葦で編んだ小舟)が流れついているのを見て、天王結縁の土地を記念して植樹し、「御神葦松」と名付けたものと推察されると書いてありました。

昨年に『おみよし松』の手入れを行ったので、向こう側が透けて見えていますが、以前は見えないぐらい枝葉が多かったそうです。

根元には腐朽がありました。よく見ると途中で分岐した主幹の一部に切除した跡が見受けられ、たぶん伊勢湾台風で折れたのではないかとのことでした。

今後も元気に育って欲しいものです。

|

« 電車通勤再び | トップページ | 行福寺のシダレザクラ »

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おみよし松:

« 電車通勤再び | トップページ | 行福寺のシダレザクラ »