« 弥陀の松 | トップページ | 垣根の準備 »

甘泉寺のコウヤマキ

 昨日は樹木調査で設楽町まで行って来ました。とても景色が良いところでしたが、思った以上に西尾から遠かったです。 渋滞なしで、片道2時間ちょっとかかりました。車内で先輩の話をいろいろ聞かせていただいたので、勉強になってよかったですけどね。

Dscf1963

Dscf1989

せっかく設楽まで来たので、帰りに新城市にある「甘泉寺のコウヤマキ」を見に行ってきました。「甘泉寺のコウヤマキ」は国指定の天然記念物です。樹齢約600年 樹高27m 幹周り6m30cmと流石の大きさです。しかしながら残念なことに、この前の台風18号で被害を受けてしまったと新聞に書いてありました。実際に行って見ると、コウヤマキは新聞の記事にある通り、3つに分かれた幹の1つが折れていました。近くの山々でも木があちこちで倒れていたので、相当な暴風がこのあたりで吹いたみたいです。Dscf2002

被害にあってしまったコウヤマキ。

訪れたのが日没寸前だったので、見難くてごめんなさい。

Dscf2009 枝分かれした幹の1つが折れてしまっています。

Dscf2007 幹は巨木が持つ風格があります。

枝も被害を受けて折れていました。

あらためて台風18号の凄さを見せ付けられました。

それにしても残念。

|

« 弥陀の松 | トップページ | 垣根の準備 »

樹木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘泉寺のコウヤマキ:

« 弥陀の松 | トップページ | 垣根の準備 »